県アマ13 男子55歳予選 清川

開催日: 2013/4/2 (火)

大会名: 神奈川アマ

部門名: シニア55歳以上の部

会 場: 清川C.C.

Topics

神奈川アマ 2013 ジュニアの部

2013/4/2 (火)

1_junior_champ.JPG


15~17歳男子

難コース攻略し笑顔
三浦制す


圧巻の前半でタイトルを引き寄せた。15~17歳男子で優勝の三浦大河は、名門の難コースを攻略し「70台もアンダーも初めて出せた」と喜んだ。
その前半は1番で3メートルのパットを沈めてバーディーとすると、4番、6番、9番でバーディー。しかもノーボギー。リラックスでき、「パターも入った」と納得のプレーを振り返る。
しかし後半は、スコアを意識し過ぎてしまい、出だしからボギー。「ショットがずれ始め、ピンに絡まなかった。アプローチで耐えた」。苦しいラウンドながら、大崩れせず2ボギーにとどめた。「上手なので意識していた」という2位の山田 大晟(横 浜)に4打差をつけて栄冠を手に入れた。
名前の大河はゴルフ好きの父が、世界ランク1位のタイガー・ウッズにちなんでつけた。その父の影響で5歳からゴルフを始めた。以後”一筋”の生活を続けて身につけた安定感を発揮できた。
県アマ男子決勝では、中一のときの7位を上回るのが目標。その前に、2日から世界ジュニアの代表を目指した戦いに挑戦する。(神奈川新聞・田辺里奈)

15~17歳女子

植野(川崎)栄冠
攻め貫き自己ベスト


女子15~17歳の部は植野星香が4打差をつけて勝利を飾った。
前半は2バーディー、2ボギーのイーブンで回り、後半は最初の10番でバーディーを奪うなど、3バーディー、1ボギーの2アンダー。自己ベストの70を出す会心のラウンドとなった。
尊敬する宮里藍選手の「ゴルフ以外のことも力を抜かない人間性」に感銘し、学校の勉強も熱心にするようにしている。昨冬はプロと回るATPツアーに参加し、「ボギーから崩れない」精神力を間近に見てきた。それがこの日にも生きた。
前半は5、6番でティーショットをミスして連続ボギー。だが、8番(パー3)で5メートルのバーディーパットを「ここは絶対入れないと」と強い気持ちで沈めた。
後半も13番でティーショットのミスからボギーとしたが、「ここで逆に攻めたいと思った」と開き直って、15番17番のバーディーにつなげた。
「今季はいいスタートを切れた。日本女子アマや日本ジュニアには絶対出たいので、勉強して頑張りたい」とグリーンに舞う桜の花びらのように可憐な笑顔を見せた。(神奈川新聞・田辺里奈)

「入っちゃいました」


「打ったら入っちゃいました」-。15~17歳の男子の谷優太郎(横浜)が11番(157ヤード)で自身初のホールインワンを決めた。
ティーグラウンドからグリーンが見えないため、「冗談で『入ったんじゃない?』と言っていたが、ピン近くの競技委員の様子を見て『本当に入ったんだ』と思った」と驚いた。
法制二年の3年生。直前の全国高校選手権春季大会では69の好スコアも出したが、この日は82。「お話にならない」と肩を落とした。それでも「夏の高校選手権では全国ベスト10位以内には入りたい」と目標を上げた。

我をしのいで頂点に


12~14歳男子の部を制した美村凌我 は2バーディー、2ボギーの内容にも納得はいかない様子。それでも「このスコアだが優勝できて良かった」と笑顔を見せた。
3月までの1年間、ニュージーランドへゴルフ留学。「最高の環境」で自信を付けた。帰国後も毎日300球を4,5時間かけて打ち込む。
「自分に厳しいとよく言われる」と笑う。「我をしのぶ」で「凌我」。最大の敵は自分自身―。名前に込められた意味を胸に、鍛練を続ける。

昨年の雪辱果たす


12~14女子の山口すず夏は、1打差に泣いた昨年の雪辱を果たした。
前半は「アイアンが悪くてピンに寄らなかった」が、それでも38にとどめた。気持ちも入れ替えた後半は35。最終ホールのバーディーが効いて、今年は逆に1打差で競り勝った。
あどけなさが残る中学1年生だが、ベストスコアは大人顔負けの69.今回の優勝で出場する女子の部の決勝は、過去2年連続で「あいえないくらいに打ってしまった」。それだけに「今年は自分のプレーを出して、優勝するために練習を頑張る」と意欲を見せた。



男子15~17歳の部

男子12~14歳の部

女子15~17の部

女子12~14の部

中島4年ぶりV

2013/4/2 (火)

ミッドシニア(65歳以上)男子の部は1日、藤沢市の芙蓉カントリー倶楽部(6036ヤード、パー70)で115人が参加して18ホールストロークプレーで行われ、トータル74の中島廣行(川崎)が4年ぶり2度目の優勝を飾った。
前半4オーバーで折り返した中島は、パターがさえた国判はパープレーでまとめた。金子益章(藤沢)と原継雄(川崎)も74で並んだが、マッチングスコアカード方式で中島が制した。
中島は6月3日、相模原ゴルフクラブ・東コースで行われる男子の部決勝の出場権を獲得。上位6選手は5月24日にレイクウッドゴルフクラブ・西コースで行われるシニア男子の部決勝の出場権を手に入れた。

1_champ_nakajima.JPG

65歳以上の部

集中力切らさず我慢


冷たい強風が吹き抜けた朝から一転し、午後は暖かな日差しに恵まれた。ミッドシニアを制したのは、天候の回復とともに自身のプレーを取り戻した71歳の中島だった。
出だしでボギーをたたき、4番でダブルボギー。4オーバーで折り返したが、4年前の覇者は「午後は攻めよう」と集中を切らさなかった。
思いグリーンを見極めてパーパットを決め続け、17番では3メートルのバーディーパットを沈めた。最終18番は「(バーディーを)もう一つ」と力んで林に打ち込んだが、スプーンで巧みにリカバリーしてパーで締めくくった。
同じスコアに3人が並んだ接戦を、上がり3ホールの勝負で競り勝った。「まさか優勝できるとは。棚ぼたです」。仲間の祝福にしきりに照れたが「我慢していれば、何が起こるか分からないと思っていた」と”逆転劇”振り返った。
24歳でゴルフを始め「やるからには負けたくない」と飲食業の傍ら打ち込んできた。古希を過ぎて心掛けるのは「出来上がっているイメージを消さないこと」。週3、4回のラウンドと週1回のジム通いで、それを実現している。
昨年のグランドシニア(70歳以上)に続く頂点で、取り組みの正しさを実感した中島。「次は全日本のタイトルを」と意気軒昂だった。(神奈川新聞・川村真幸)

塘田がメダリストシニア男子は日比野

2013/4/2 (火)

神奈川県アマチュアゴルフ選手権大会2013は、男子の部第1予選とシニア男子(55歳以上)の第1予選を、それぞれ厚木市の厚木国際カントリー倶楽部・西コース(6801ヤード、パー72)と清川村の清川カントリークラブ(6556ヤード、パー72)で行った。男子の部には103人、シニアの部には136人が参加。18ホールストロークプレーで競った。
男子の部は76で回った塘田捷人(横浜)がメダリストに輝き、6月3日に相模原ゴルフクラブ・東コースで行われる決勝の出場権を獲得した。
93ストロークまでの上位48位までの47人(メダリストを除く)が5月13日に戸塚カントリー倶楽部・西コースで行われる準決勝に出場する。
シニアの部は、トータル80で3人、井上 清次選手(相模原)、小林 源一選手(川 崎)、日比野光男選手(綾 瀬)が並んだが、マッチングスコアカード方式で日比野光男(綾瀬)が初のメダリスト。萩原則之(横浜)が16番でホールインワンを決めた。91ストロークまでの上位47人が、5月24日にレイクウッドゴルフクラブ・西コースで行われる決勝の出場権を獲得した。(神奈川新聞・川村真幸、田辺里奈)


控えめに喜ぶ18歳

男子の部第1予選でメダリストに輝いた18歳の塘田は「納得のゴルフではなかったが、天候が悪い中でまとめることができたのは自信になる」と控えめに喜んだ。
前半は2バーディー、1トリプルボギー。雨が強くなった後半はダブルボギー、ボギーで滑り出したが、その後の7ホールをパープレー(1バーディー、、1ボギー)で回り、頂点に立った。
杉並学院中を1年で中退し「語学を身に付け、ゴルフも勉強もしっかりやりたい」とオーストラリアへ留学。5年間過ごし、昨年11月に帰国した。準決勝進出した小学6年生以来の県アマで決勝切符を手に入れ「昔の知り合いとまた同じ舞台に立てる」と再開を楽しみにしていた。

初の経験に頬を緩める

シニア男子(55歳以上)の部第1予選で初のメダリストの日比野は「初めての経験でいまだに信じられない」と頬を緩めた。「最高に良かった」と振り返るのがパー5の最終9番。3打目でピンそばにつけ、難なくバーディーを奪って3人が並ぶ接戦を制した。
還暦から参加している同大会。しかし昨年2月末にアキレス腱を傷め、本番10日前に出場を断念していた。
2年ぶりのチャレンジとなる今大会は「試合という場に戻ってこられた幸せ」をかみしめて回った。決勝に向けては「胸を借りるつもりで頑張りたい」と意気込んでいた。

「ラッキーだった」

シニア男子(55歳以上)の部の萩原が人生初のホールインワンを決めた。「まさか、という気持ち。狙って撃つものじゃないよね。ラッキーだった」と喜んだ。
パー3の16番。3月に買い換えたばかりという6番アイアンで放ったボールは、ピン手前1メートルから転がりながら沈んだ。2日前にぎっくり腰になり、コルセットと痛み止めで乗り切ったという58歳。快挙とは裏腹にベストスコアの69からほど遠い89で終わっただけに「(決勝では)いい成績にしたい、それだけ」と話した。



touda.JPG

男子の部第1予選厚木国際

hibino.JPG

男子55歳以上の部 清川