県アマ16 女子50歳決勝 スリーハンドレッド

開催日: 2016/5/30 (月)

大会名: 神奈川アマ

部門名: 女子50歳以上の部

会 場: スリーハンドレッドC.

Images

ダウンロード
県アマ16 女子50歳決勝 スリーハンドレッド

成績

Topics

小菅 笑顔の頂点

2016/5/30 (月)

 神奈川アマ 2016は30日、シニア女子(50歳以上)の部とミッドシニア女子(60歳以上)の部が茅ヶ崎市のスリーハンドレッドクラブ(5991ヤード、パー73)で行われ、75選手(うちミッドシニア対象は46選手)が18ホールストロークプレーで競った。
 シニアの部は7オーバーのトータル80で回った小菅佐智子(横浜)が初優勝を飾った。ミッドシニアの部はトータル84で澤上敬子(横浜)が頂点に立ち、2位に鳥居明子(小田原)、3位に渡辺良子(相模原)が入った。
 シニアの部優勝の小菅と2位の伏見まり(小田原)、3位の澤上が6月29日にレイクウッドゴルフクラブ・東コースで行われる女子の部決勝への出場権を獲得した。


堅実プレーで「目標」達成

 シニア女子の部初挑戦で栄冠をつかんだ小菅は「調子は良くなかったけど、目標通り優勝できて良かった」と満面の笑みを浮かべた。
 前半を1バーディー5ボギーでまとめると、16番(131ヤード、パー3)でチップインバーディーを決めるなど後半も取りこぼしは少なかった。「運のいいところもあったし、全体的には良かった」と納得の表情で振り返った。
 ゴルフ歴は約30年だが、大会に出始めたのはここ1、2年だ。「所属クラブの皆さんがクラブ対抗などで活躍していて興味を持ち始めた」と言う。クラブでのレッスンのほか、加圧トレーニングにも通い「年齢的にもことしがチャンス。タイトルを取りたい」と照準を合わせてきた。
 「支えてくれた皆さんのおかげ」と感謝の思いを口にした51歳。女子の部決勝への出場権もつかんだが「ジュニアの子たちのプレーを参考にできればいいかな」と謙虚に意気込みを語ると、休むことなくレッスンへ向かった。
(神奈川新聞社 須藤 望夢)

ミッドシニアは澤上制す

 ○…ミッドシニアの部を制した澤上はスタートの10番(440ヤード、パー5)でダブルボギーとつまずくも、後半に巻き返した。「夢のよう。最初のダブルボギーで力が抜けたかな」と笑みを浮かべた。
 15番で約8メートルのロングパットを沈めるなど、パットが安定していた。ゴルフ歴25年の67歳は「ワンパットが10個くらい決まった。自分でもびっくりなくらい」と喜ぶ。
 50歳以上のシニアの部を含めて全体3位の好成績。女子の部決勝も「いつも通り楽しくできればいいかな」と気負わずに臨む。


50歳以上の部成績

60歳以上の部成績