神奈川アマチュアゴルフ選手権 2003

主催:神奈川県ゴルフ協会
共催:神奈川新聞社 tvk(テレビ神奈川)
後援:関東ゴルフ連盟 / 神奈川県 / 神奈川県教育委員会 / 神奈川県体育協会 / 神奈川県ゴルフ場支配人協会 / 神奈川ゴルフ練習場協会

対象年選択

記事一覧の対象年を切り替えます
2024 2023 2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999

山本選手 貫禄のV

2003/6/2 (月)

一般の部 昨年覇者

2位に6打差の圧勝

山本秋夫選手(写真左)
 6月2日、愛川町の大相模カントリークラブ(6850yd、パー72)で男子シニア55歳以上の部を行い、参加172選手が18ホールストロークプレーで熱戦を展開した。午後から強くなった風と連日の大雨でやや重くなったグリーンで各選手スコアメークに大苦戦する中、昨年の一般男子の部の覇者・山本秋夫(横浜)初の王座を獲得した。
山本は前半を3アンダーで折り返し、後半は幾度ものピンチを我慢強くしのいでパープレーでまとめ、トータル1イーグル、4バーディー、3ボギーの69ストローク。2位以下を6打も離す圧勝だった。
 2位にはトータル75ストロークで4選手が並んだ。 
なお、山口俊行(茅ヶ崎)が西の6番(165yd、パー3)でホールインワンを達成した。              (西山 佳宏、真野 太樹)

 

 

ここ一番集中力維持

強風の後半 耐えて栄冠


 実力者らしい安定した戦いだった。一昨年はシニア50歳代の部を制し、昨年は一般男子の部で頂点に立った山本秋夫(55)が3年連続でタイトルを勝ち取った。
 会場は、5月のKGA倶楽部対抗戦で77をたたいたコース。それでもスタートの西1番(ロング)でいきなりイーグルを奪って優位に立つと、3番(ミドル)でも4・5㍍のロングパットを沈めてバーディー。この時点で「5つへこまそうと思った」(山本)という好調ぶりだった。
そして、風か強くなった後半は、一転して我慢のゴルフ。ラフに入れること多数、東9番(ミドル)ではティーショットをバンカーに入れるなどピンチがあったが、ベテランらしく集中力を切らさなかった。4番(ミドル)では約13・5㍍を残したパターでのアプローチがそのままカップイン。ここ一番での精神力と技で栄冠をつかみ取った。
 40歳を過ぎてから競技ゴルフを始め、会社勤めの傍ら試合に出続けている遅咲きの市民ゴルファーは「途中で投げ出さない我慢強さが身に付いてきた」と自身の成長を分析。「ゴルフは自分と戦いだが、知らない人と一緒にプレーするのだから、楽しく回りたい」という言葉に、ゴルフを愛する姿勢が見て取れる。
 山本は、3つ目のビッグタイトル獲得に「会社の仲間の理解と妻の応援のおかげです」と感謝。この日は普段は応援に来る妻の節子さんは自宅で吉報を待っており、「家に帰ったら? 明日の新聞を見ろ、と言ってやりますよ」。同い年の妻への愛情を、照れ隠しにそう話した。   (西山 佳宏)

 

 コースの相性抜群

 〇…昨年、初代チャンオンに輝いた高槻天歩(58)=藤沢=が、ことしは2位に入賞し、貫録をみせた。
 3バーディー、6ボギーで75ストロークというスコアに高槻は「ことしは、ベスト10に入ればいいと思っていたからね」と満足そう。
 年間約80回もコースに出るという本格派。昨年は東6番から7番へのカート道で1㍍を超えるヘビを見て、その後3ホール連続バーディー。ことしも同じ場所で探してみたというが、「いるかなと思ったけど、ダメでしたねえ」と苦笑い。
 それでも2位という好結果で表彰式に臨み、「このコース(大相撲)は、今大会でしかプレーしないんですけど、好きなんですよ」と笑顔が絶えなかった。

 

30年目の快挙

生涯初のホールインワン

西6番で山口選手

山口俊行(64)=茅ヶ崎=が後半の西6番ホール(165yd)でホールインワンを達成。ゴルフ歴約30年で初という快挙に「きょうはキャディーさんもいい方で、いいムードでプレーできたのがよかった」と会心の笑顔を見せた。
 シニア部門では3度目の出場になるという山口。この日の成績は11オーバーだったが、西6番で「キャディーさんのアドバイス通りに6番Iで打った」というショットを絶妙にグリーン上に落とし、ホールインワンを成功させた。
 ことし3月で約40年の会社勤めを終え、「サラリーマン時代より、家の用事で忙しくてね」と笑うベテランゴルファー。親類にもゴルフを勧めてきたそうで「僕がゴルフを教えてあげた姉や妹の方が、先にホールインワンを達成した。これでやっといい報告ができますね」と喜んでいた。(真野 太樹)

シニア55歳以上の部 大相模カントリークラブ
 ・PDF
 

喜び初戴冠

2003/6/9 (月)

女子の部・佐藤里菜、グランドシニアの部・伊藤僚秋の両選手

6月9日、大和市の相模カンツリー倶楽部(6262yd、パー74)で女子決勝とグランドシニア(男子70歳以上)の部を行った。女子決勝には95選手、男子シニアには52選手が出場し、18ホールストロークプレーで熱戦を展開した。
 女子の部は佐藤里菜(横浜=立正高)が、2オーバーのトータル76ストロークで初優勝を飾った。佐藤は1イーグル、2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら、2位に2打差をつけて栄冠をつかんだ。2位吉田弓美子、3位青木敬子(ともに厚木北高)と高校生が上位を独占した。
 来年の決勝大会のシード権は、上位20選手が獲得した。
 グランドシニアは伊藤(川崎)が初優勝。アプローチが好調で2バーディ-、2ボギー、2ダブルボギーのトータル78ストロークで王座に輝いた。           
(和城 信行、西山 佳一宏)

屈辱乗り越え笑顔

三つどもえ制した佐藤

高校生が三つどもえの激しい優勝争いを繰り広げた女子決勝。その激戦を
制したのは佐藤里葉(18)だった。佐藤は昨年のジュニア高校女子の部で優勝しているが、一般の部での栄冠は初めて。「落ち書いて一つ一つ丁寧に打とうと心掛けました」と初優勝をかみしめた。
 決して好調ではなかった。ことしは4月2日の県アマ・ジュニアの部で91と大たたき。「いくら不調とはいっても、こんなはずではない」と、ラウンドの途中から涙が止まらなかった。ショットに自信がなくなり、関東女子アマでも予選落ちした。
 その屈辱から「とにかく打ちまくった」。練習場を料金の安い3階に変え、その分打つボールを増やした。悔しさをバネにするタイブだと自身も認める。「そういう思いをしないと気付かないんです」
 この日は3番(ショート)でボギー、4番(ロング)でダブルボギーと崩れかけた。そのままずるずるといきそうなところだったが、続く5番(ロング)ではチップインバーディー、6番(ショート)でもティーショットをピン横2㍍につけ連続バーディー。悪い流れをすっぱりと断ち切る精神力を見せた。後半は安定し、17番(ロング)ではイーグルも飛び出して1アンダーの36。本来の力を発揮してトップに立った。
 2位の吉田、3位の青木と高校生が表彰台を独占したことに「周りにうまい人がいないと自分もうまくならない」。夢はプロ。ライバルとの競争を励みにし、さらなる飛躍を見せてくれそうだ。      (西山 佳宏)

痛恨3パット吉田

 〇…女子2位の吉田弓美子(厚木北高1年)は、3オーバーで迎えた最終18番(ロング)でバーディーチャンス。だが、強気に打った約2㍍のパットが惜しくもカップにけられ、惜しくも入らずに痛恨の3パットでボギー。最後で栄冠を逃した。
 この日は「日本女子アマ(24日から三重・桑名CC)の練習のつもりで。順位にはこだわらない」(吉田)と、気楽に迎えた。だが、さすがに試合後は「惜しかった」。
 それでも、内容については「スコアは満足いかないが、攻めることはできた。ちょっと攻めすぎたぐらいです」と納得の表情だった。

アイアン光る〝新人〟
期待増すレフティー伊藤

 70歳以上の部は初出場の伊藤かつ秋(69)=川崎=が、ベテランらしいゴルフで優勝に輝いた。 
小さく速いグリーンと難しいピンの位置に各選手がてこずる中、アイアンショットが光った。見せ場は前半の16番。315ydと距離の短いミドルホールだが、「先に打った選手の球が、みんなグリーンからこぼれてた」(伊藤)。そこで第2打はカット気味に打った。強いスピンが掛かったボールはピンそば約1・5㍍にピタリと止まり、見事バーディーを奪った。3パットは2ホールだけと、パットの正確さも際立っていた。
 ことし10月で70歳を迎え、グランドシニアの試合では〝新人〟。「別に気持ちの変化はないけれど、この年になると一年一年、体力を維持していくのが大変なんだよ。毎朝歩いたりしてるんだ」と笑う。ミッドシニアで
は、全国大会に出場するなど輝かしい戦歴を誇るレフティー。グランドシニアでも、ますますの活躍を見せてくれそうだ。     (和域 信行)

女子の部決勝 相模カンツリー倶楽部
 ・PDF
 
シニア70歳以上の部 相模カンツリー倶楽部
 ・PDF
 

藤田 強さ本物

2003/6/16 (月)

昨年の日本王者
藤田 強さ本物

6月16日、相模原市の相模原ゴルフクラブ(西コースアウト・イン、東コースアウト、計10392yd、Par109)で男子の部決勝を行い、参加171選手が27ホールストロークプレーで熱戦を展開した。
 約2カ月半にわたる大会の締めくくり。午後から雨が強くなるあいにくのコンディションだったが、実力者ぞろいの決勝にふさわしいハイレベルの戦いとなった。その激戦を制したのは、昨年の日本アマチュア選手権で初優勝した藤田大(横浜)。前半18ホールを2アンダーで折り返した藤田は、後半9ホールでさらに1打伸ばし、4バーディー、1ボギーの3アンダー、106ストロークで初優勝に輝いた。
 1打差の2位は小原淳(横浜)。連覇を狙った前年優勝の山本秋夫(横浜)は112ストロークで11位タイだった。
 来年の決勝シード権は、113ストロークまでの上位20選手が獲得。準決勝シード権は124ストロークまでの上位120選手が得た。             
(和城 信行、西山 佳宏)

スタイル貫いて初Ⅴ

1打差競り勝つ

日本チャンプはやはり強かった。藤田大(25)。昨年、アマチュア最高のタイトルを手中にした実力者が、全国でもトップレベルのライバルに競り勝ち、初優勝。「念願がかないました」と最高の笑顔を見せた。
 1日27ホールの決勝。意気込んで失敗する選手、雰囲気にのまれる選手がいる中、藤田は自分を見失わなかった。「あまりラウンドしていない上、長丁場だからゆっくりと試合勘を取り戻しながらやりました」。ドライバーとパットはいつもの出来ではなかったが、その分アイアンショットが切れた。4バーディー、1ボギー。上がり6ホールは「イメージ通りのゴルフが出来た」と確実にパーを拾うスタイルを貫いた。
 藤田は「バーディーは副産物です」と言い切る。これだけの実力がありながら、攻めの姿勢が必要なプロヘ進むつもりはない。「自分にはこの型が合っているんですね」とプロにはプロの、アマにはアマの型があることを知り尽くしている。
 ビッグタイトルを取ってから周囲の目が変わり、悩んだ時期もあった。そんなとき、日本アマの優勝経験があり、初代県アマ王者の内藤正幸氏の一言で楽になった。「それがタイトルの重みであり、宿命なんだ」。迷いがなくなり、本来の姿を取り戻した。
 アマに徹するからこそ、その頂点を目指す気持ちは誰よりも強い。7月には連覇が懸かる日本アマが控えている。「まだまだ課題はある。これからです」。25歳のチャンピオンはさらに前を見据えた。    (西山 佳宏)

最年少の小6健闘

 ○…決勝出場選手中最年少の佐藤秀憲(鎌倉市立植木小6年)が、通算7オーバーと健闘した。
 前半18ホールで6オーバーと苦しんだが、後半9ホールで若さを発揮。最後の西コース17番(ミドル)、18番(ロング)で、いずれも1パットの連続バーディーを決めた。
 伊沢利光プロのおいっ子という〝サラブレッド〟。初出場の昨年は準決勝で敗退したが、ことしは決勝で堂々のプレーをみせ、多くの参加者を「小学生にやられちゃったよ」と悔しがらせた。
 昨年から身長が約10㌢伸びて、ドライバーの平均飛距離も230ヤードから250ヤードになった。伊沢プロにあこがれてゴルフ漬けの生活を送る伸び盛りの11歳は、「ことしはジュニアの全国大会で優勝を目指します」と元気いっぱいだった。

さすがの前年覇者

 〇…昨年王者の山本秋夫(55)は、トータル3オーバー112ストロークで11位タイ。連覇こそ成らなかったが、優勝した藤田大と同じ組で、さすがの安定感を発揮した。「ティーショットの調子が悪くて」と言うが、何とかスコアをまとめてくるのがベテランの味。最初の西アウトこそ2オーバーだったが、そこからの18ホールは2バーディー、3ボギーの1オーバーでしのいだ。
 ことしは6月2日に行われたシニア55歳以上の部でタイトルを獲得している。山本は「駄目だったけど、まあ、自分のゴルフはできたから」と、淡々とした表情でプレーを振り返った。

最高のゴルフ 満足感漂う2位 小原

 1打差で、惜しくも2位となった小原淳(18)。だが、その表情には悔しさはまったくなく、「最高のゴルフでした」と振り返った。
 会場の相模原ゴルフクラブは「これまで全然スコアが出なくて、相性は最悪」だった。ところがこの日は、7バーディーを奪って、終始優位にラウンドできた。後半の9ホールはドライバーを封印。「この難しいコースでうまくプレーできるのがうれしくて、順位とかは全然考えなかった」と、コースとの戦いに没頭した。2ダブルボギーで、惜しまれるホールはあった。しかし「27ホールあれば、そのぐらいのことはある。何とか(パーを)拾えるホールがそれ以上にあるわけですから」と話す表情は満足感でいっぱいだ。
 日大ゴルフ部の2年。ことしは左手首を痛め、1月と4月に約2週間、練習できない時期があった。10歳からのゴルフ歴で初めてのことで、「焦ったりしました」と打ち明ける。
 大会直前の関東アマチュアは予選落ち。手首はまだ完調ではない。それでも「やればできるもんですね。日本アマチャンピオン(藤田)と1打差です
から」と笑顔。いいきっかけをつかんだようだ。    (和城 信行)

男子の部決勝 相模原ゴルフクラブ
 ・PDF
 

2003年の記事

小野寺選手がトップ通過

2003/5/27 (火)

悪条件でもイーブンパー準決勝終了  決勝進出175選手が決定

5月27日、箱根町の箱根カントリー倶楽部(7053yd、パー72)で男子第4準決勝を行い、参加142選手が18ホールストロークプ...

  続きを読む

1位通過は小川選手

2003/5/26 (月)

上位30選手が決勝へ進出

5月26日、厚木市の本厚木カンツリークラブ(6803yd、パー72)で男子第3準決勝を行い、参加169選手が18ホールストロークプレーで熱戦を展開した。
 難しいコース設定...

  続きを読む

トップ通過は佐々木選手

2003/5/23 (金)

5月23日、大磯町のレイクウッドゴルフクラブ西コース(6556yd、パー72)で男子第2準決勝を行い、参加174選手が18ホールストロークプレーで競った。
 朝方やや強かった東風も午後には治まり、曇...

  続きを読む

本県勢7選手が日本アマ進出、 増島忍選手が8位に!

2003/5/20 (火)

 平成15年度関東女子アマチュアゴルフ選手権決勝大会が、5月19、20日の両日、横浜市磯子区の磯子カンツリークラブ(6324yd、Par73)に130選手が参加して行われた。
 初日イーブンパーで...

  続きを読む

中川選手がトップ通過

2003/5/20 (火)

30選手が決勝へ進出

5月20日(火)、横浜市旭区の戸塚カントリー倶楽部西コ-ス(7067yd、パー72)で男子第1準決勝を行い、参加160選手が18ホールストロークプレーで熱戦を展開した。
 時...

  続きを読む

メダリストに本田選手

2003/5/12 (月)

 12日、大和市の相模カンツリー倶楽部(6262yd、パー74)で女子の部予選を行い、出場192選手が18ホールストロークプレーで熱戦を繰り広げた。
 距離が長く、グリーンがガードバンカーに囲まれた...

  続きを読む

シニア女王に本田選手
ミッドシニアは高田選手が接戦制す

2003/5/6 (火)

 6日、横浜市の磯子カンツリークラブ(男子6339yd、パー72、女子6182yd、パー73)でミッドシニア男子65歳以上の部と、シニア女子50歳以上の部を行った。男子は90...

  続きを読む

末選手がメダリスト

2003/4/25 (金)

 25日、葉山町の葉山国際カンツリー倶楽部ダイヤモンドコース(6589yd、パー72)で男子第10予選を行い、参加168選手が18ホールストロークプレーで競った。 
...

  続きを読む

メダリストに木部選手

2003/4/24 (木)

50選手が準決勝進出

24日、箱根町の小田原湯本カントリークラブ(6516yd、パー71)で男子第9予選を行い、参加139選手が18ホールストロークプレーで競った。 
...

  続きを読む

2人がメダリスト

2003/4/23 (水)

田川選手と長井選手

23日、箱根町の大箱根カントリークラブ(69687yd、パー73)で男子第8予選を行い、参加158選手が18ホールストロークプレーで競った。
雨と...

  続きを読む

メダリストに佐藤選手

2003/4/22 (火)

55選手が準決勝に

 22日、箱根町の仙石ゴルフコース(6638yd、パー72)で男子第7予選を行い、参加152選手が18ホールストロークプレーで競った。 
 快晴微...

  続きを読む

師弟仲良くメダリスト

2003/4/21 (月)

神奈川大嶋谷選手と鈴木選手

 21日、清川村の清川カントリークラブ(6616yd、パー72)で男子第6予選を行い、参加168選手が18ホールストロークプレーで競った。 朝の曇天も昼すぎには晴天になり...

  続きを読む

メダリストに永江選手

2003/4/15 (火)

 「神奈川アマ2003」は15日、厚木市の大厚木カントリー倶楽部桜コース(6637yd、パー72)で男子第5予選を行ない、参加168選手が18ホールストロークプレーで熱戦を展開した。 時折小雨が降...

  続きを読む

メダリストに永久選手

2003/4/14 (月)

飯塚選手がホールインワン達成

「神奈川アマ2003」は14日、中井町のレインボーカントリー倶楽部(7043yd、パー72)で男子第4予選を行ない、参加160選手が18ホールストロークプレーで熱戦を繰り...

  続きを読む

メダリストに柳沢選手

2003/4/8 (火)

悪天候に悪戦苦闘  59選手が準決勝進出

  「神奈川アマ2OO3」は8日、横浜市の横浜カントリークラブ西コ-ス(6705yd、パー72)で男子第3予選を行ない、164選手が出場して18ホールス...

  続きを読む

小村選手、初のメダリスト

2003/4/7 (月)

上位55選手が準決勝に進出 県内アマチュアゴルファ-の頂点を決める「神奈川アマ2003」の男子第2予選は7日、伊勢原市の伊勢原カントリークラブ(5921yd、パー72)に154選手が参加して、18ホ...   続きを読む

男・女15~17歳 山岸、青木選手が初Ⅴ
12~14歳は宇佐美、斉藤選手

2003/4/2 (水)

ゴルフの「神奈川アマ2003」のジュニアの部が2日、相模原市大野台の相模原ゴルフクラブ西コース(男子6832ヤード、女子5964ヤード、いずれもパー72)で行われ、参加85選手が男女12~14歳、1...

  続きを読む

メダリストに肥後選手
2ヵ月半の熱戦スタート

2003/4/1 (火)

県内のアマチュアゴルファーが頂点を競う「神奈川アマ2003」が1日開幕し、津久井町の長竹カントリークラブ(6670ヤード、バー72)で男子の第1予選が行われた。6月16日の男子決勝に向けて約2カ月間の...

  続きを読む